【FX】相場に頻出???どのテクニカル分析とも併用して使える最強の「ロールリバーサル」とは?

スポンサーリンク
テクニカル分析

みなさんこんにちは!しゅんぴちです。

今回はテクニカル分析のロールリバーサルについて解説していきます!

この記事では、

<span class="fz-16px">Aさん</span>
Aさん

ロールリバーサルってなに?

<span class="fz-16px">Bさん</span>
Bさん

ロールリバーサルの使い方は?

<span class="fz-16px">Cさん</span>
Cさん

なぜロールリバーサルが発生するのか

このようなことでお悩みの方に、FXで3ヶ月で月単位の利益を+にすることができた僕が解説していきます!

この記事を最後まで読めばどのテクニカル分析とも併用できるロールリバーサルを使い、勝率アップを目指せるので是非最後まで読んでくださいね!

この記事でわかること
  • ロールリバーサルとはなにか
  • ロールリバーサルの使い方
  • なぜロールリバーサルが発生するのか
スポンサーリンク

ロールリバーサルとは?

ロールリバーサルとは、今までレジスタンスとして機能していたところがサポートに転換する、
もしくは今までサポートとして機能していたところがレジスタンスに転換するということです。

つまり、ロール(役割)のリバーサル(転換)です。

レジサポ転換とよく言いますね。

ロールリバーサルとよく言われていますが、僕としては、今まで意識されていたラインをブレイクしてワンタッチしに戻ってくるという意味で「ブレイクワンタッチ」という呼び方の方がしっくりくるのでこれからの説明では、ブレイクワンタッチと呼んで解説していきますのでご理解下さい😓

まあどちちらの読み方でも意味は変わりませんけどね!

さてさて、本題に戻ります(^o^)

ブレイクワンタッチは何度も意識されていたラインをブレイクされているので、そこがブレイクされるとなると相場状況が一変します。

例えば上の画像ではレジスタンスとして黄色の丸のところで何度も機能されています。

このラインでは売りと買いの勢力が攻防しており、ブレイクしたことにより一気に買いの勢力が加速し、ワンタッチしに意識されていたラインに戻ってきてレジサポ転換が確認されれば買いの勢力が優勢となっているのでトレンドになりやすくなります。

  • ロールリバーサルはレジスタンスとサポートのロール(役割)がリバーサル(転換)するという意味で、レジサポ転換されている
  • ロールリバーサルが起こることによって相場状況が一変し、ブレイクした方向にトレンドが発生しやすくなる。

ロールリバーサルの使い方

ブレイクワンタッチはさまざまなテクニカル分析のエントリーポイントとして使えますが、代表的なものとして水平線の場合のブレイクワンタッチの使い方を解説します!

上の画像のようにレジスタンスとして機能している水平線をブレイクしてから買いの勢力のエネルギーが一旦落ち着いて、意識されていた水平線に戻ってきます。

そして黄色の丸をしたところでまた上昇するためのエネルギーをためることができたので、ここをサポートとして上昇トレンドが発生していますね。

具体的なエントリー方法としてはこの水平線がしっかりとレジサポ転換されているかを確認するために下ヒゲや下位足でダブルボトムや逆三尊などのチャートパターンが現れてからエントリーするとより優位性の高いエントリーとなるでしょう!

逆に意識されていたサポートラインをブレイクした場合は、上ヒゲやダブルトップ、三尊などのチャートパターンが現れてレジサポ転換を確認してからエントリーするといいですよね!

先ほどの水平線は日足で引いたものなのですが、これを週足で見てみると上の画像のようにとても意識されているラインです。

このようなラインを日足、週足などの長期足でみつけることができると、長期足なので機関投資家やヘッジファンドなどの莫大な資金力をもった大口がみているため、ここでブレイクワンタッチがおきるときはより優位性の高い絶好のエントリーチャンスとなるので是非探してみてくださいね!

「 機関投資家?ヘッジファンド?大口ってなに? 」と思った方はこちらの記事を参考にしてみてください!

  • 水平線でのブレイクワンタッチでは水平線がブレイクされエネルギーをためるために一旦戻ってきたときにヒゲや下位足でチャートパターンが現れてからエントリーすると優位性の高いエントリーとなる!
  • 日足、週足レベルの長期足で意識されている水平線みつけることができると絶好のブレイクワンタッチのエントリーチャンスとなる!

ロールリバーサルはなぜ発生するの?

ここまで記事を読んでブレイクワンタッチの基本と使い方はわかったけど、「なぜブレイクしたのに戻ってくるの( ゚Д゚y)y !??」と疑問に思った方も少なからずいると思います。

そのような勉強熱心な方にブレイクワンタッチはなぜ起きるのかを解説していきます!

使い方やエントリーポイントを覚えるのも大切ですが、その本質から理解しているとよりブレイクワンタッチを上手に使えます!

少し難しい話になりますが、しっかりと本質を理解しておいて損はないので、ブラウザバックせずに
読んでいってくださいね(^O^)/

またこの画像を使って解説していきます!

意識されていた白い水平線をブレイクして買いが優勢になったのでロングしたのに、戻ってきてしまっては含み益が減ってきてしまい「ふざけんな!」って思いますよね笑。

では、なぜブレイクしたのにもかかわらず戻ってきてしまうのでしょうか?

その答えは相場の需給にあります。

まず、ブレイクされたところからみていきましょう。

白い水平線をブレイクしたことによって大きく上昇していますね。

この上昇は、

①損切の買い注文・・・白い水平線を背に売っていた人の損切りの買い注文

②新規の買い注文・・・白い水平線をブレイクしたことによる新規の買い注文

これによって成り立っています。

①は白い水平線は今までレジスタンスされていたわけですから、それを背にして売っている人がいるはずです。

しかし、白い水平線をブレイクしたことによってエントリーの根拠が崩れたので損切りをしてきます。

売りでエントリーしていたので、損切り注文は当然買いですよね。

②は白い水平線をブレイクしたので、それを根拠にして買い注文をしてきます。

この2つの要因によって上昇してきます。

ここで注目しておきたいのが、損切りの買い注文はそれでそのポジションは終わりですが、新規の買いのポジションはまだ反対注文の売りがのっこていることです。

これを頭に入れて次を読んでください!

さて、本題であるなぜブレイクしたのに戻ってくるのかです。

このワンタッチしにくる下落には

①利確の売り注文・・・ブレイク直後に買いで乗れた人の利確の売り注文

②損切の売り注文・・・高値掴みした人の損切の売り注文

③新規の売り注文・・・①、②からの下落に乗ってくる人の新規の売り注文

これによって成り立っています。

①はブレイク直後に乗れた人はすでに含み益になっているので、その後の利確の判断はトレードスタイルによります。

しかし、陰線が連続で確定して含み益が減ってくるとこれ以上含み益を減らさないように利確してくる人がでてきます。

利確をするので買いの反対注文の売りで少し下落してきます。

②そうすると、高値掴みをして買ってしまった人達が含み損になってしまって損切りをしてきます。

同然この損切りの注文も買いの反対注文なので売りです。

③そして、①、②で下落の流れを作りその下落に新たに乗ってくる人もでてくるので新規の売りをしてきます。

こうして最初の上昇で買った人の利確や損切り、新規の売りによって下落して再び意識されている白い水平線に差し掛かります。

最後のフェーズです。

白い水平線に差し掛かり、もみ合ってレンジになっていますよね。

大事なレジサポラインに差し掛かっているので売りと買いが拮抗しています。

直前の下落で新規の売りをした人達は、もちろん大事なレジサポラインなので利確して逃げる人もいると思いますが、レンジになっているので「まだ下がるんじゃないか」とポジションをホールドしている人もいます。

そして、このような長期足で引ける重要なラインは大口もみているので、ここで成り行きの買いを注文してきます。

そうすることで直前の下落で売っていた人達があわてて利確なり、損切りの決済注文をせざるを得なくなります。

これにより、損切り、利確の買いと大口達の成り行きの買いによりトレンドが発生し高値を切り上げてきます。

ここまで解説してきたことがブレイクワンタッチの仕組みです!

理解できましたか?

ブレイクワンタッチは相場の需給を考えることによって本質を理解することができる!

ロールリバーサルは他のテクニカル分析と併用しやすい

ブレイクワンタッチは水平線だけではなく他のテクニカル分析と併用すれば絶好のエントリーポイントとなります。

例えばトレンドラインをブレイクしてからのブレイクワンタッチ。

三尊・逆三尊のネックラインからのブレイクワンタッチ。

それぞれの解説した記事も載せておきます。

このように他のテクニカル分析と併用して使うことができるのでとても便利です!

ブレイクワンタッチは 他のテクニカル分析と併用して使うことができる !

まとめ

ここまでブレイクワンタッチについて解説してきましたが、どうでしたか?

ブレイクワンタッチはほとんどのメジャーなテクニカル分析と併用できてとても便利ですので、
本質から理解してしっかりと頭に刻み込みましょう!

最後まで読んでくれてありがとうございす。

今日もみなさんのトレードが上手くいくように願っております👍

それではまた次の記事でお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました